<ひなまつり会>
3日(火)は、手作りのひな人形を持ち寄り、ひなまつり会を行いました。
ひなまつりの由来についての話を聞いたり、ひなまつりにちなんだ保育士の劇を見ました。
特に劇では、保育士が本物のひなあられや、三色団子を食べて演じ、子ども達は驚いたり、笑ったり、 大喜びでした。
おひなさまと一緒に写真を撮ったり、給食ではちらし寿司、 おやつでは白酒代わりのカルピスと三色団子をおいしそうに食べました。
しかし、どちらかと言えば、女の子より男の子の方が張り切っていた様子でした。


<お別れ遠足>
3月と言っても少々肌寒かった6日(金)は、美濃加茂市の日本昭和村に親子で出掛けました。
万華鏡やアロマキャンドル作りを体験しました。
ほとんどの子が体験は初めてとあって、目をキラキラとさせてずーっと笑顔でした。
その後は、何人かのグループに分かれて自由に園内を散策しました。
少し前にアルパカがやって来たという事で、見に来ました。
兄弟のいる子にとっては、今日だけお家の人を独り占めでき、大満足の様子でした。


<避難訓練・たんぽぽ班来園>
今年も10日(火)に県警のたんぽぽ班の方に来園して頂き、つれさり防止について学びました。
年長児が劇に参加するとあって、みんな真剣に見ていました。
昨年のこともよく覚えていて、大切な“セーフティファイブ”の歌を、教室に戻っても口ずさんでいました。


<交通安全教室・指導員来園>
13日(金)は、今年度3回目の指導員さんに来園して頂き、交通ルールについて学びました。
特に年長児にとっては、4月から徒歩での通学になるため、いつも以上に集中して話を聞いていました。


<お別れ会>
毎年、このお別れ会は楽しみなのですが、それ以上に年長児との別れがやって来ると思うと、 寂しさが押し寄せてきます。
今年度は、4月から交流のあったほほえみ福寿さんにより、お年寄りの方も来て下さり、 一人一人にプレゼントも頂きました。
みんなの拍手に迎えられて45名が入場し、ステージ上では、一人ずつ名前と進学校名、 保育園で楽しかったこと、小学校で頑張りたいことなどを元気に発表しました。
その後は、感謝の気持ちを込めて、歌や小物入れをプレゼントしました。
この日の給食メニューは、年長児からのリクエストで、それをお子様ランチ風にワンプレーとにして、 おいしく頂きました。
17日(火)は年長児にとって思いでいっぱいの1日だったことでしょう。