<桜ヶ丘地区文化祭&民謡の集い>
5日(土)と13日(日)に、らいおん組はそれぞれの催しで鼓隊を発表しました。
運動会が終了してからも忘れない程度に、週1〜2回、練習をしてきました。
あいにく両日共、土日ということで、全員参加とはいきませんでしたが、欠席者の分まで頑張りました。
今年度は運動会も入れて3回の発表ということで、いつになく大変でしたが、全て終了していまい、 少し寂しさも感じている子どもたちでした。


<七五三詣り>
15日(火)は自作のあめ袋と園長先生から頂いた大切なお賽銭を握りしめ、普門院と、 らいおん、ぱんだ組は金比羅神社、ぞう組以上は白山神社へお参りに出掛けました。
「これからもみんなが健康ですくすくと成長しますように・・・」


<社会見学>
18日(金)は勤労感謝の日にちなみ、日頃みんなの生活を守って下さっている消防士さんに 感謝の気持ちを伝えに、ぞう組以上児は消防署に出掛けました。
消防士の仕事内容や消防車の備品の説明、救急車の中にも乗せて頂き嬉しそうでした。
見学中、突然救急車の出動場面に遭遇し、一瞬子ども達の表情が固まりましたが、 なかなか見る事のできない貴重な体験をしました。


<誕生会>
25日(金)は11月の誕生会でした。
今月は、◯×クイズをして楽しみました。
その後は、お天気も良かったので、外でお弁当を食べました。
みんなすごく良い表情でした。


<ぞう組給食当番>
運動会終了より、憧れの当番活動が始まりました。
エプロンに帽子・・・
らいおん、ぱんだ組の子たちに負けないくらい似合っています。


<マラソン、なわとび開始>
11月より体力作りのためのマラソン、縄跳びが始まりました。
マラソンでは、ぞう組以上は園周辺を、未満児は園庭を走っています。
始めのうちはよく転んでいましたが、今ではどのクラスも上手に走ることができる様になりました。
なわとびでは、ぱんだ組は初めての挑戦となり、始めのうちは全く跳べない子が多かったのですが、 コツを掴むと1回、2回・・・、5回と日に日に回数が増してきています。
反対にらいおん組の子は、主に前跳び中心ですが、初日からいきなり10回、20回・・・と、 1桁違っていました。
現在は100回近く跳べる子もいる程です。